ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2019 年 6 月 8 日)【突きからの技各種】

投稿日:

前回の審査から 6 日目。

突きからの技をいろいろと。

まずは小手返し。
しっかりと転換して相手の側面に入る。
いきなり相手の手を掴もうとしない。
手刀もしくは手のひらで相手の腕を制して、それから滑らせるように相手の手を掴み小手に取る。

その後の動きは大きく 2 種類。
元の位置に戻って相手の前に出るか、転換した位置からさらに相手の背後方向へ踏み込むか。

いずれにしても、相手との距離をしっかり取ること。
あまり近過ぎると、窮屈になって技を決めにくい。

入り身投げ。
相手の右手の突きを外側から左手で抑えながら、左足を踏み込む。
充分に入ったら、右手を下から相手の身体に沿わせるように振り上げて、入り身投げの要領で相手の首に腕をかける。
そのまま右足を踏み込んで投げる。
(左手の突きの場合は左右逆に)

あまり前に踏み込みすぎると、相手の身体が後ろに行き過ぎる。
自分の体重をしっかりかけられる位置に調整すること。

背面落とし(正式名称不明)。
相手の右手の突きを、右手の手刀で左→右へさばく。
と同時に深く踏み込んで相手の背後へ。
そのまま反対側まで抜けながら、相手の肩に手をかけて真下に落とす。
後ろに引っ張るだけだと倒せない。
また、自分も巻き込まれてしまう恐れがある。

しっかり下へ落とし、自分の身体は反対側へ完全に抜けること。




-稽古メモ
-, ,

Translate »

Copyright© ゆるくまじめに合気道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.